PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふなみの湯

ふれあい温泉(地域交流ホーム)ブログ
手押し車のゴミ捨てと歩道の雪融け水と温泉と

今朝は、曇り。積雪は、約3センチ。

出勤途中、道の横、チェック柄の割烹着で、手押し車を押している高齢の女性がいるのが目に入りました。手押し車の上に、荷物などは見当たらず、どうやらゴミを捨てに行った帰りのようです。腰が曲がった女性でも、ゴミ捨てができるのは、あの車のお陰。高齢者の外出を手助けできる物、もっともっと増えれば。

 

職場へ近づいたとき、歩道部分が濡れて黒くなっているのに気がつきました。それが、何百メートルもです。あれは、残っていた雪が融けて、流れ出したもの。いつもの年なら、今頃だと凍って滑り歩けないほどなのに、暖かいからその心配はなし。融けたあの水を見ると、いよいよ春が近づいて来ているんだなと。

 

さて、空気がやわらかく感じたこんな日は、あったかい温泉に入り、足が不自由な時、たった1本の棒があるのとないのでは大違い、たとえ、近くに物が見当たらなくても、誰かに声をかけてもらえるだけで安心できるもの、心配そうな表情で立ち止まっている人に、どうしましたかと尋ねていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

 

 

| ふれあい温泉 | 09:07 | - | - |
屋根から屋根への黒いはしごと大工事と温泉と

今朝は、曇り。積雪は、約10センチ。

出勤途中、道路沿いにある家の1階屋根から2階屋根へ、黒い鉄製のはしごがかけられているに気がつきました。あのはしごは、常時備えつけられているもので、雪が降ったため置いたものではなさそう。屋根が雪で白くなっているため、黒いはしごがあると分かったのですが、そうでなければ到底気づくはずは。

 

坂道の先、反対側車線に黄色いトラックに2台と、乗用車2台が停車しているのが目に入りました。近くに、水色の防寒具に反射ベルト、白いヘルメットをかぶった交通指導員らしき人が、準備中です。向こう側には、黄色いヘルメットの工事関係者らしき人もいます。どうやら、大がかりな工事が始まるようで。

 

さて、頬で風が冷たく感じたこんな日は、あったかい温泉に入り、目につくような大きな変化があったときだけ記憶の隅に残るけど、毎日のことだと、うっかりしてることが多く、そこに何があったかなんて覚えてないもの、世の中の小さな変化にも気づくよう、繊細な心を持つよう心がけていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

 

| ふれあい温泉 | 08:56 | - | - |
逆さまにして振っている長靴と黄色い大型ブルドーザーと温泉と

今朝は、曇り。積雪は、約20センチ

出勤途中、道路の近く、ママさんダンの横で、逆さまにした長靴を振っている女性がいるのに気がつきました。雪かきをしている途中に、長靴の中へ雪が入ってしまい、取り出しているのでしょう。そのままだと、靴下が濡れてびしょ濡れに。雪がたくさん降っていたころ、あの片足立ちをよく見かけた覚えが。

 

左折したとき、黄色い大型ブルドーザーが、チェーンの音を立てながら、やってくるのが目に入りました。道路に積もった雪を除雪し、次の場所へ向かうところだったのでしょう。この冬、ほとんど働く機会はなかったはずで、今日腕の見せ所。請われて、その実力を発揮できるのだから、仕事冥利に尽きるかな。

 

さて、除雪をしている人が多くいたこんな日は、あったかい温泉に入り、仕事の手を止めるのが嫌で、少しぐらいなら我慢すればいいからとそのまま、ところが気がついた時には収拾がつかず、結局、余計な時間を取られるはめに、ほんの少しの時間を惜しんで大損することなどなかったか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

| ふれあい温泉 | 08:53 | - | - |
すれ違った軽四パトカーと赤い脚立と温泉と

今朝は、曇り。

出勤途中、前方から、制服制帽姿の若い警察官が運転している、軽四パトカーがやってくるのが目に入りました。そこで、思わず速度計に目を。制限速度を若干オーバーしている程度だったので、このくらいなら許容範囲だろうとそのまま運転です。パトカーとすれ違わなければ、速度の確認はしなかったはずで。

 

緩い曲がり角に差しかかった時、灰色のワゴン車が非常灯を点滅させ、停車しているのに気がつきました。後部ドアは開けられており、そこから鉄製の赤い脚立を取り出していたのが、中年の男性です。ワゴン車の棚には、機材などが並べられており、専門業者の人。脚立ということは、高い場所の修理なのかな。

 

さて、川の水が増え濁っていたこんな日は、あったかい温泉に入り、心の奥ではまずいかもと思っていても、やった結果問題がなくてそれが何度か続くと、これはもう大丈夫なのだと勘違い、でも、そんなことがいつまでも通ると思ったら大間違い、どんなことがあってもダメなものはダメだと、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

| ふれあい温泉 | 09:01 | - | - |
竹ぼうきの女性と道路横に咲いていた白い花と温泉と

今朝は、曇り。積雪は、ありません。

出勤途中、道路沿いにある家の前、竹ぼうきを手に持ち掃除をしている高齢の女性がいるのが目に入りました。緑色薄手のベストを着てです。集められたゴミの中に濃い緑の葉が見え、生け垣として植えてある木から落ちたもの。それにしても、2月の中旬、厚着もせず朝早くから竹ぼうきで外の仕事ができるとは。

 

坂道の途中、道路横にある木に、小さな白い花が咲いているのに気がつきました。咲いている可憐な花は数輪なのですが、ふくらんだつぼみはたくさん見えます。いつもなら、月をまたいだ頃から咲くはずなのに、もう。雪はほとんど降らず、暖かい気温に誘われて、顔を出したい気持ちも分かるよ、白梅さん。

 

さて、コートを脱いで出勤したこんな日は、あったかい温泉に入り、これまでこうだったから、前からやっていたことだから、そんなことばかり言ってると進歩なし、日進月歩で世の中変化し続けているから、自分だって変わる努力をしなければいつか置き去りに、花は簡単に咲かないことを、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

| ふれあい温泉 | 08:59 | - | - |
窓を開けた軽四車と屋根に重ねられた砂袋と温泉と

今朝は、曇り。積雪は、ありません。

出勤途中、向こうからやって来た、黒っぽい軽四自動車の窓が開いているのが見えました。三分の一ほどで、運転席側の窓です。暖かくなったとは言え、窓を開けるのはまだ早いのに、と思って運転している男性を見ると、手に煙草。締め切った車内で吸うより、新鮮な空気を入れながらの方が、おいしいのかな。

 

地区公民館の近くの家、1階屋根の隅に、小さな砂袋らしきものが重ねられているのに気がつきました。置いてから随分経っているようで、袋の色が白から黄緑色へと変わっています。家の様子からして人の住んでいない家。屋根に置かれたあの袋、雨漏り等の対策用らしいけど、たまには確認した方がいいはずで。

 

さて、空気が暖かく感じたこんな日は、あったかい温泉に入り、好きなことだと少しぐらいの我慢ならできるもの、ところが嫌いなことは、ほんの些細なことでも気になりすぐ顔と態度へ出てしまうもの、人間が出来てないと言えばそれまでだけど、日頃から我慢の二文字を重ねるようにしていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

 

 

| ふれあい温泉 | 09:02 | - | - |
御堂前に積もった雪と首に巻いたマフラーと温泉と

今朝は、曇り。積雪は、ありません。

出勤途中、道路に面している寺院の御堂前、腰下ぐらいの高さの雪が積もっているのが目に入りました。気温が上がり、大屋根に残っていた雪が落ちたものです。他の場所に雪は見当たらないけど、そこ一か所だけに固まって。御堂へは、雪を乗り越えて行けるとしても、人の通る場所だけは開けた方がいいかな。

 

公共施設の先、赤とベージュ色のマフラーを首に巻いた高齢の女性が、歩いているのに気がつきました。そのマフラーの巻き方が、とてもおしゃれ。ぐるぐる巻きながら、首から肩までを覆うようにしています。マフラーは、首に一回巻くことしか知らないけれど、見た目だと間違いなくあの女性の方に軍配が。

 

さて、吹く風が暖かく感じられたこんな日は、あったかい温泉に入り、大上段に構え、これ見よがしに大声で叫んでいる人より、口に出さずともほんの少し気を遣っている人の方が、心を打つことがあるもの、誰かさんに言われる前、ちょっと目についたあれをきちんと片付けることなど、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

| ふれあい温泉 | 09:14 | - | - |
凍った車のガラスと赤い旗を持った交通作業員と温泉と

今朝は、晴れ。積雪は、約5センチ。

出勤途中、道路沿いの家の前に止めてある車のガラスが、凍っているのに気がつきました。それが、全面です。薄い氷なのですが、あれを融かすのは簡単ではなさそう。車の暖房温度を高くし、時間をかけて融かすか、それとも沸かしたお湯をバシャっとかけるか。時間ギリギリまで寝ているとしたら、後者だな。

 

公民館の近くへ来た時、白ヘルメットに水色上下カッパを着て、赤い旗を持った交通作業員から停車の合図が。見ると、反対側車線に、黄色い作業車が止められており、どうやら電線などの工事が始まるところ。やけに冷え込んでいるこんな日、カッパを着ているとは言え、身に感じる寒さは尋常ではないはず。

 

さて、雪に反射した太陽の光が眩しく感じられたこんな日は、あったかい温泉に入り、早く起きねばと分かっているつもりでも、ぬくぬくとした布団の中から出るのはつらいもの、時間ギリギリまで寝ていて時計を見て慌てて飛び起きる、そんな誰かさんに笑われるようなことなどしてなかったか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 08:56 | - | - |
雪から頭を出した青い支柱と道路中央の手袋と温泉と

今朝は、晴れ。積雪は約5センチ。

出勤途中、道路横にある畑の中、ひざ丈ぐらいの小さなビニールハウスが雪の中に埋もれ、曲がった青い支柱が頭を出しているのに気がつきました。どうやら、雪の重さに耐えきれず、つぶれてしまったようです。もう少し頑張れば、春を迎えられたかも知れないのに、降った雪が徐々に効いて我慢しきれずにか。

 

橋の手前、道路中央に、橙色の手袋の片方が落ちているのが目に入りました。人がめったに通る所ではないので、誰かが車から落としたのでしょう。あの手袋は、もうしばらくすると車に踏まれて跡形もなくなるはず。でも、残ったもう片方の手袋はまだ持ち主の手元にあるはずで、捨てられずに使ってもらえよ。

 

さて、山の斜面の木々から霧のようなものが上っていたこんな日は、あったかい温泉に入り、ほんの少しでも、それが続くと影響が出てきて致命傷になることだって、こんなことぐらいと侮り、手の打ちようがなくなってから大騒ぎをする前、支えるどこかに問題がないかなと目を配っていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 09:23 | - | - |
腰から延びた犬の紐と道路での除雪と温泉と

今朝は、曇り。積雪は約5センチ。

出勤途中、緩い坂道の手前、灰色のダウンコートを着た女性が、白い中型犬を連れ散歩しているのが目に入りました。犬の首につながれている紐は、女性の腰あたりから延びており、そこにリング状の金具が見えます。あれだけしっかり止めてあれば、犬が突然走り出しても、体全体で押さえられるから大丈夫だ。

 

橋を過ぎて間もなく、高齢の男性が、車道側で除雪しているのに気がつきました。雪が歩道から車道にかけてたくさん残っており、それを片づけるためです。道路の管理は行政のはずですが、家の近くなので気になったのでしょう。道幅が広い所とは言え、完全に車道側なので、車にはくれぐれも気をつけねば。

 

さて、冷たい風が吹いていたこんな日は、あったかい温泉に入り、根拠があっての大丈夫だろうなら問題なし、それが、ただの楽観論だけでの判断なら、決して大丈夫とは言えないもの、たとえ見切り発車で出発したとしても、安全を最優先し、いつでも途中下車できる気持ちで対応しているか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

 

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです

 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 09:02 | - | - |
ふれあい温泉
入善町舟見にある「ふれあい温泉」は地域のみなさんに大変喜ばれています 〒938-0103 富山県下新川郡入善町舟見1664 電話 0765-78-2080
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS