PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふなみの湯

ふれあい温泉(地域交流ホーム)ブログ
長いエプロンと工事と温泉と

今朝は、晴れ。

出勤途中、道路すぐ横にある家の玄関から、ゴミ袋を左手に持ち、ちょうど家から出ようと女性がいました。全体が淡いピンク色、腰あたりが赤で、丈の長いエプロンです。エプロンも、おしゃれな物が多くなっており、着るだけではなく、見るのも楽しみの一つに。

赤信号で止まった時、信号機の近くで白と青のヘルメットをかぶった工事関係の人が何人も立っていました。白いヘルメットの人は赤い旗、青いヘルメットの人は大きな矢印看板を持ってです。側に発電機らしき物を積んだトラックが止まっており、工事はもうすぐ。

さて、吹く風が冷たく感じたこんな日は、あったかい温泉に入り、四角四面もいいけれど、あまりにも融通が利かないと世間の風は冷たくなるもの、その点角がすり切れボロボロになっているこの身とすれば、世間体より実務を優先させていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

| - | 09:02 | - | - |
畔のキジと立て看板と温泉と

今朝は、雨。

出勤途中、公民館をすぎて間もなく、道路から一段高くなっている田んぼのあぜに、一羽のキジがいるのに気がつきました。緑色の長い羽根に、目の周りが赤色した雄です。冬の間どこかに隠れて春が来るのを待ち、ようやくその日を迎えたのかも。よくぞ元気で。

坂の途中、道路の左側に、看板が2枚立てられていました。それぞれ、工事中、ブロック運搬の文字が見えたので、大きなコンクリート製波消しブロックを、どこかへ運ぶのでしょう。これから雪解け水が増えるし、弱くなっている箇所は早めにきちんと補修せねば。

さて、細かい雨になっているこんな日は、あったかい温泉に入り、気がついていたくせに、このくらいなら大丈夫だろうとそのままにし、後で大事になり慌てふためいたことのあるこの身、気になっているあのこと、そろそろ重い腰を上げることを、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

 

| ふれあい温泉 | 09:26 | - | - |
春祭りと黄色いシールと温泉と

今朝は、曇り。

出勤途中、道路に面している神社鳥居のすぐ前、作業服に長靴姿の男性数人が集まって何やら話し中。参道入り口に、屋根のついた提灯が下げられており、春祭りのための準備を始たところか。地域の人々に支えられてきた歴史ある祭り、守っていくのは大変なこと。

地域公民館近くにあるゴミ箱の横、プラスチック製の除雪道具、赤いママさんダンプが置かれていました。使わなくなったため、捨てることにしたのでしょう。でも、黄色いシールが貼ってあり、捨てられませんの意味。やれやれ、分解した後、分別して出さないと。

さて、久しぶりにフロントガラスに雪が積もっていたこんな日は、あったかい温泉に入り、これでいいと思っていたのに蓋を開けると、足りないことだらけ、そんな経験ばかりのこの身、少しでも疑問に感じたことは素直に教えを請うていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

 

| ふれあい温泉 | 08:48 | - | - |
入札と古いビニール紐と温泉と

今朝は、曇り。

出勤途中、地域の公民館があった跡地に、入札のご案内と書かれた看板が立てられていました。建物が壊され、更地になったのは昨年のこと。あそこなら、場所は悪くないし広さもあり、きっと買い手が現れるはず。どこの誰が、あの土地で新しい生活を始めるのか。

坂の途中、木と木に白いビニール紐が結ばれているのに気がつきました。冬の間雪や雨風で痛めつけられ、ほつれているのが遠目からも分かります。おそらく、濡れた物などを干すための紐。外仕事が始まるこれらが本当の出番のはずで、いよいよ本領発揮できそう。

さて、薄い雲が空に広がっているこんな日は、あったかい温泉に入り、いざその時が来ても、あなたでなければ、と声のかかったためしがないこの身、普段から地道に積み重ねた準備と、場に当たって頼りにされるようなものを持っていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 09:21 | - | - |
ゴミ箱とリュックの傘と温泉と

今朝は、小雨。

出勤途中、道路横にあるゴミ箱の蓋が、左右に開いていました。普段は閉めたままになっており、開けてあるのを見たのは初めてのこと。今日はプラスチック類リサイクル日のため、隣に簡易組み立て式の箱が置いてあり、そこへ入れさせるため、わざわざ開いたか。

学生服姿の男子高校生が、駅の方へ向かって歩いていました。リュックを背負ってなのですが、背中の紐部分に、傘をぶら下げてです。手がふさがっている訳ではなく、ポケットへ両手をつっこんだまま。あの格好若い人でなければ出来ず、それこそが若い証拠。

さて、空が明るくなり始めているこんな日は、あったかい温泉に入り、ちょっと崩れた服装や変な言葉を耳にすると、だから最近の若い者は、などと嫌みを言っているこの身、若者たちの思いもよらない発想や、その行動力を素直に認めていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 08:58 | - | - |
白いワゴン車と切られた木と温泉と

今朝は、雨。

出勤途中、公民館に近づいた時、左側の道路から白いワゴン車が出ようとしているでは。このままではぶつかるとハンドルを切りながらクラクションを押そうとした時、ようやく停車。反対側車線に気を取られこちらを確認するのが遅れたようですが、危ない危ない。

道路から少し下がった空き地にあった大きな木が、切断されているのが目に入りました。あの木は、昨年の秋頃、強風の際に倒れたもの。ずっとそのままになっていたのですが、雪がとけて片づけることにしたのか。太い木の切断面がやけに白く、なんだか悲しそう。

さて、空気がヒヤッと感じられたこんな日は、あったかい温泉に入り、動物に命があることは百も承知、でも痛みを訴えない樹木や草花にだって命があることを完全に忘れているこの身、野の花を摘み木を折るとき、心の中で手をあわせていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

 

| ふれあい温泉 | 09:09 | - | - |
赤いセーターと芝桜と温泉と

今朝は、晴れ。

出勤途中、坊主頭の男子高校生が、赤いセーターの襟元から白いシャツを覗かせ、自転車に乗って駅の方へ向かっていました。今日は祝日で、友人とどこかへ遊びに出かけるのでしょう。若者にとっては、上着がなくてもいい気温のようだけど、年配者にはまだまだ。

道路に面している石垣の前、灰色のジャンパーに紺色の野球帽をかぶり、草らしき物を手にして立っている高齢の男性がいました。見ると石垣の上に芝生のような草が生えており、そこから取ったもののよう。あれは確か芝桜で、もうすぐ可憐な花が目を楽しませて。

さて、人の姿を多く見かけたこんな日は、あったかい温泉に入り、大きくなるまでどれだけの手がかかったことか、そんなことはすっかり忘れ、成長したのは自分の力だと勘違いをしてきたこの身、多くの人から受けた優しさを次は誰へ返すか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 08:52 | - | - |
三角ポールと雪囲いと温泉と

今朝は、晴れ。

出勤途中、橋の手前に紅白の三角ポールが置いてありました。下に、富山県の文字が。橋の角にぶつからないよう注意を喚起するためか、それとも、工事の事前予告なのか。いつも見かけない三角ポールがあると、なんだか気になります。だから、それがいいのか。

坂の途中にある家の前で、親子が二人雪囲いを取り外す作業を始めていました。木製の押さえ板に手をかけており、あの後、水色のプラスチック製の板を取り外して片づけるのでしょう。長い冬がようやく終わりに近づき、山里にもいよいよ春がやって来くるようで。

さて、空気がやさしく感じるこんな日は、あったかい温泉に入り、今か今かと待ち焦がられるならいいけれど、顔を見せた途端、嫌な顔してあれまた来たよと、影で言われている気がするこの身、普段から誰にでも明るく元気な声で呼びかけていたか、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

 

| ふれあい温泉 | 10:13 | - | - |
田植機と消雪の水と温泉と

今朝は、小雨。

出勤途中、神社近くにある駐車場の奥、田植機が置かれているのに気がつきました。大きなもので、あれは、おそらく8条植え。このあたり、田植えは5月中旬頃のはずなので、まだ2カ月も先のこと。持ち主、点検の準備などで出したのでしょうが、先んずれば、か。

坂の途中にある橋の側面から、車道側へ水が吹き出していました。消雪用の水で、温度が低くなったのを感知し自動的に作動するようになっているはずで、おそらくそのため。雪の降る気配がなく水は不要でも、大雪の時のありがたさを思えば、少々の水ぐらい。

さて、雲が山の中腹まで下りているこんな日は、あったかい温泉に入り、人間年齢と共に角がとれ丸くなると聞いてたのに、その実感がさらさらないこの身、四角四面の角をヤスリで磨いて鋭くするのではなく、頭の中少しやわらかくすることを、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

| ふれあい温泉 | 09:20 | - | - |
青いビニール袋とミキサー車と温泉と

今朝は、曇り。

出勤途中、公民館のすぐ近く、空っぽの青いビニール袋を手にした高齢の男性が歩いていました。どうやら、リサイクル広場へ廃棄物などを持って行った帰りのよう。降っていた雨のため肩の部分が濡れて黒くなっており、ゴミなどの前、自分の体のことを考えねば。

坂道を上ったところに、コンクリートミキサー車が、非常灯を点滅させながら止まっていました。すぐ横に作業員らしき男性が一人いて、これから作る駐車場の土台部分へ流し込もうと準備を始めている様子。それにしても、あれだけの大仕事をたった一人だけとは。

さて、青空が見え始めているこんな日は、あったかい温泉に入り、忙しくて出来ませんと口にするけれど、本当は忙しいのが理由ではなく、苦労から逃れたいための言い訳にしてきたこの身、ふらふらしている我が心と体、しっかり固めることを、考えるのも。。。

 

※定休日は、毎週火曜

↓ふれあい温泉を経営する社会福祉法人舟見寿楽苑のページです
 http://www.funamijurakuen.jp/

 

| ふれあい温泉 | 09:12 | - | - |
ふれあい温泉
入善町舟見にある「ふれあい温泉」は地域のみなさんに大変喜ばれています 〒938-0103 富山県下新川郡入善町舟見1664 電話 0765-78-2080
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS