PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
帰ってきたぞ、帰ってきたぞはやぶささ〜ん♪
JUGEMテーマ:宇宙
君にも見える〜♪はやぶさの勇姿。
どうも、ブログ担当トイシです。

今週はイベントはないのですが、知っていると楽しくなる知識紹介です。

皆さん、いよいよ今週末帰ってきますよ。

何がって、日本小惑星探査機「はやぶさ」がですよ。

2003年5月9日に打ち上げられたはやぶさは、小惑星「イトカワ」での回収ミッションを終え、2010年6月13日(日)にいよいよ地球帰還です。

さて、何をそんなに喜んでいるの?と、顔を傾げいる方、
   これが聞くも涙、語るも涙のお話。


打ち上げられた後、04年5月19日重力カタパルトによりイトカワへ向けて加速を開始。イオンエンジンと併用した重力カタパルトは、なんと地球初の快挙であります。

05年11月20日一回目のタッチダウンを成功させ、25日には2度目のタッチダウンと共にサンプル回収を成功させ、さぁ地球へ帰るだけとなったのですが・・・・・・・
そのとき、はやぶさに燃料漏れが確認され、更新が途絶してしまったのです。
 JAXA職員は、2007年の地球帰還を断念、2010年の帰還を目指して対応に追われました。

そして、06年1月23日はやぶさがいると思われる空間より電波が発せられました。
はやぶさは生きていました。
しかし、その後再度の通信途絶。

はやぶさを必ず帰還させる。
その思いの元、2月末には通信を回復。
しかし、科学エンジンの燃料を使い切っており、頼りはイオンエンジンのキセノンガスのみとなっていました。

安定させるために、試みられた様々な修正、が続きました。それも、職人のカンともゆうべき、細かい仕事であります。

そんなことが積み重なり、ついに6月9日(日)に軌道修正が完了いたしました。地球外縁部から着陸想定地域のオーストリア・ウメーラ立ち入り禁止区域への誘導目標変更が完了です。

ついに、帰ってきます。
ですが、ですが
はやぶさは、大気圏突入時に燃え尽きてしまうのです。
なぜなら、度重なるトラブルによって、地球軌道ギリギリで回収したイトカワのサンプルを放出しなけばならず、それを終えた後、現在のはやぶさでは、重力を振り切ることが出来ません。

7年かかって、帰ってきたら死んでしまう。
悲しい、悲しすぎます。
ですが、はやぶさが持ち帰るであろう、サンプルには太陽系初期の状態を知る手掛かりがあります。
その結果を見守ることが、私たちに出来る最上のことでしょう。

では、6月13日は、ふれあい温泉に浸かった後、空を見上げ言ってあげてください。
「おかえりなさい、『はやぶさ』さん、そしてありがとう」
何といっても、そらは繋がっているのですから。

| 宇宙 | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:29 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
ふれあい温泉
入善町舟見にある「ふれあい温泉」は地域のみなさんに大変喜ばれています 〒938-0103 富山県下新川郡入善町舟見1664 電話 0765-78-2080
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS